オンライン和裁教室 ⑭背縫い

ようやく左右の身頃がくっつくのか、なんて心の声が聞こえてきます。
左右別々で縫っているのは、大量の布にシワが付かないため。
実は修業時代からこの縫い方で縫っていました。

準備する物

  • 左右の身頃
  • コテ

解説

  • 左右の身頃を中表に合わせます。
  • 裾から衿付けこみの印のひと針上まで縫います。
  • 深さは、3分です。

ポイント
・最初と最後とあげ山で一針返し縫いをします。

参考資料

浴衣らしくなってきましたね!ぜひ袖を通してみてください。
次回は、裾くけをします!
次回の更新は、1月8日(土)です。
新しい年がスタートしますね!